53: 名無しさん@おーぷん 20/08/07(金)15:34:28 ID:Lg.e3.L2
軽くホラー話注意。

娘のお迎えバス停が、
『歩いて5分ほどの大きなお宅の庭先(何もない、草がぼーぼーの空き地)になる』
とAママから聞いた。
話をつけたのは幼稚園とAママ。
うち含め、バス停まで車移動しないといけないほど遠い園児が5人ほど居たので凄く助かった。

その5人のママとで使わせてもらうお礼として商品券と品物を渡しにいったら、そのお宅の人がちょうど玄関前に居て(Aママが知っていた)、使わせてもらう事にお礼を伝え品物を渡した。
お宅の人は30代くらいの柔らかい雰囲気の女性で
「この前、園の方からもお礼を頂いたのに、気を使ってくださりありがとうございます」
と。
「草むしりもしておきますねー」
とか
「パラソル立てておくので、日陰になれば~」
などと言ってくれて、『いい人で良かったなあ』と話していた。
それから半年間、何事もなくバス停を使わせていただいて、たまーに貸してくれた女性と会うと立ち話をしたり平和だった。

だがある日、いつも通り子供を送ってさあ仕事に行こうとしたら、貸してくれているお宅から50代くらいの女性がやってきて
「いい加減にしてください!うちの家の庭先を使わないで」
って怒ってきた。




いきなりのことでびっくり、
(今の今まで貸しておいて、お礼も受け取っといて何なんだ)
と思い、その事を伝えた。
が、家主は知らぬ存ぜぬ。
「なら娘さんを出してください」
と言うと
「うちに娘は居ません」
と言われた。
(はああ?)
となりながら女性の容姿を伝えるが、家主は
「そんな人知らない…」
と。

だんだんお互いトーンダウンしてきて、家主は
「確かに荒れた庭先なので最初は黙認していたが、いつの間にか草を刈られ、知らないパラソルを立てられていた。
この土地は息子が今度結婚するときに家を建てるので、どのみち使えない」

という。

となり、警察に通報。
向かいの家が店をやっており、道に向かっての防犯カメラをつけている家で確認させてもらったが、家主も
「知らない女だった」
と言ってた。

パラソルも撤去されたが、その後、家主が
「別の土地があるのでそこに止めてくれたら良い」
と、ご好意でバス停を止めるところを教えてくれてそこに移動になった。
幼稚園もAママも
「私たちの勘違いでごめんなさい」
と私たちに謝罪があったが、『騙す女が悪い』ということで責めることなく。
その後、平和に卒園までを迎えたのが2年前。

最近、ウォーキングを兼ねて周りを散策していた。
Bママとも一緒に歩いていたら、
あの家主の家からは随分離れたところの、庭のない(言い方は悪いが)小さな古いボロボロの家の前に、あの空き地を『使っていい』と言ってきた女が居た。
女は私たちを見るとギョッとした顔をして家の中に慌てて入り、鍵を閉める音がした。

あの時の私達だと気づいたのかはわからないけど、不気味な雰囲気に私とBママはすぐその場から離れたんだけど、Bママが道の先の衝突防止ミラーを指差して
「見て、見てっ」
って言うので見たら、
女が二階の窓からニヤニヤした口元で、指で目を縦に開きながら白目を向いてこっちを見ていて、思わず叫び声を上げて帰ってきた。


あまり知らない地域なので、あの女が一体何の目的であの大きな家に居たのか、どうして自分の土地だと言ったのかはわからないが、糖質かキチには変わりないので
(もう関わりたくない)
と思った出来事だった。



不安の種+ (全4巻)
不安の種+ (全4巻)