234: 名無しさん@おーぷん 20/02/25(火)16:56:24 ID:uW.6h.L6
どっちもどうかしている話。

私には当時まだ子はなく、猫を盲愛していた。
友達はまだ喃語しか話せない幼児を熱愛していた。

彼女の子はかわいらしい姿だったけれど、特別な音域で発声する選ばれし幼児だった。
子供に不慣れだった私には、
(お母さんてすごいわ)
と恐れ入るばかりだった。




ほんとうに子供が可愛くてならない友達は、私と会っている間もエンドレスで『いかに自分の子が可愛く賢く素晴らしいか』ひたすら語っていて、
私は赤べこのように頷きながら相づちをうつだけだった。

しかしさすがに120分を過ぎてくると飽きたので
「それはすごいね。可愛いね。
ウチの猫も可愛いんだよ」
と対抗してみた。
ちょっとむっとした友達は、さらに子供自慢を語り出した。
合いの手を入れつつ猫自慢をぶっ込んでみたら、あからさまに不機嫌になった。

↑ 何が悪いか分からなかった私がどうかしていることと、カンの強い行儀の悪い超音波子に耽溺してそれを周りに強要した友達と、まとめてスレタイ。



2020 うちの子〈ペット自慢〉 週めくりカレンダー ([カレンダー])