997: 名無しさん@おーぷん 19/11/27(水)11:21:32 ID:vT.wa.L4
大人になった今は「あるある」と思える話なんだが。

中学の時、“名簿順に二人組で組まされてグループ学習→発表” というのが頻繁にあった。
毎回組まされていた阿部と伊藤(仮名)が、たいがいいつもドベ2かドベ。
阿部はお調子者のうるさい奴で、伊藤はおとなしいメガネくん。
発表は毎回、阿部がやってたがグダグダだった。
クラスの皆も担任も
(阿部が足ひっぱってんだろうな、あいつ落ち着きないから。伊藤かわいそう)
と思っていた。

で、担任がある日キレて阿部&伊藤を解散させ、それぞれ別の奴と組ませた。




そしたら阿部は評価が劇的にアップし、伊藤と組まされた奴は劇的に下降した。
伊藤と組まされた奴が半べそで
「あいつ何もやらないんだ。サボってばっかりで全部こっちに押し付けてくる」
と主張し、教師も俺らも愕然。

そう、伊藤はおとなしいだけで、真面目でも何でもなかった。
ただの
“無口でメガネをかけているだけのいい加減な奴”
だった。
俺はそれまで “おとなしい”=“真面目” だと何となく思い込んでいたので、騒いでばかりでうるさい阿部が実は真面目にグループ学習をやってて、おとなしい伊藤がサボリ野郎だというのが衝撃だった。
今思えば “固定観念の崩壊” だった。

阿部がずっと伊藤に迷惑をかけられていたのに、それを誰にも言わなかったのもついでに衝撃だった。

998: 名無しさん@おーぷん 19/11/27(水)11:24:59 ID:vT.wa.L4
補足。
グループ学習は阿部と伊藤が一緒にやるというか、阿部と伊藤がそれぞれ別の場所に行ってデータをとってきて、あとで照らし合わせて話し合い、二つのデータから答えを導くというものだった。
なので片方だけが頑張ってもどうしようもない物だった。



授業づくりをまなびほぐす ここからはじめるクリエイティブ授業論