382: 名無しさん@おーぷん 19/06/28(金)18:52:26 ID:jWs
脳内継母に虐待されてる体でダイエットしたこと。

二十代前半まで球体と呼べるデブで、何度もダイエットはしたけど失敗。
そろそろ婚活という年齢になり、
(今までのようなゆるい考えではいけない)
と編み出したのが、脳内に継母を降臨させること。

継母に搾取される設定で、仕事に加えて短時間の運送屋仕分バイト(激務)を始めて、食事は虐待メニュー(栄養ゼリーとわずかな野菜。昼食のみ会社なので普通)。




辛くなると脳内継母に罵って貰った。
「食べれるだけ有難いと思え」
とか、
「その肉じゃ飢え死にはしねーよ」
とか
「もっと働け」
とか
「肉ダルマ」
とか。

結果1年ちょいで162cm/0.1トンから47kgまでいった。
今は49でキープ。

周りにも大いに驚かれたし、学生時代の友人からは同一人物と信じてもらえないほど。
運送屋仕分バイトで貯めたお金でエステにも行き、ファッションや化粧にも力を入れた結果、今の夫と出会い、無事結婚。
平凡だけど幸せに共働き夫婦やってる。

夫は過去の写真で球体時代を知ってるけど、
「気にしない」
と言ってくれてる。
痩せはしたけどお腹や腕に太ってた頃の名残のたるみがあるのだが、それも含めて受け止めてくれてる。

ただ、誰にダイエット方法聞かれても、
「ストイックに運動して食事節制した」
としか言えない。

本当の虐待に苦しんでる人達からしたら酷い方法だと分かってるし、当たり前にかわいがり育ててくれた両親にも申し訳ないし。
でも言いたいのは、本当にどんなやり方より効果的だったしくじけなかった。



最高の継母 (フランス書院文庫)