426: 名無しさん@おーぷん 19/05/16(木)11:59:37 ID:FKp.xa.od
今日、行列のちょうど俺の前にならんでいたカップル。

多分二十代半ばぐらいだと思われるそこそこ美形カップルだった。
もう彼女の方が『彼大好き!!』って感じで一生懸命彼に話してる。
別に声が特別でかいわけじゃないし言葉も荒くない。
ただ、女が可愛かったので、俺が聞き耳たててただけw

「今日は天気いいね!」
とか
「この後どうする??」
みたいな感じで話してた。
それなのに彼はそっけない感じで
「そうだね」「うん」「どっちでもいい」
ってだけで、
スマホばっかり見てる。
なんかこの辺の子じゃないらしく、観光できてるみたいなのに「え、これまだ決めてないの?」みたいなのに対しても
「その場できめれば」「どっちでもいい」
って答えてた。




順番回ってきて、店員から選択を求められて彼女が答えていざ席に案内になった瞬間に、男が
「なんで○○にしたの?」
って女に聞いてきた。
女はびっくりして
「さっきどちらでもいいって言ったじゃん。
嫌ならなんでその場でいわないの」

と言ったら
「別に嫌じゃないけど」
とモゴモゴ。
「じゃあ××に変更するの?」
と聞いたら
「別に○○でいいよ」
と。
明らかに女はイライラしてた。

その後も席についても、
「あれは好きじゃない」
とか
「こういう店合わないなー」
とか、メニューみて
「あっ食べれるのないわー」
とか言い出す。
ついに女が怒って
「気に入らないなら貴方が選んでよ!
何にも意見言わずなんでもいい、なんでもいいって全部私に決めさすな!」

とキレた。

すると男は
「いやほんと、君と一緒ならなんでもいいよ」
って笑顔。
多分悪意はなさそう。
でも女は立ち上がってこっち来たので、
(お、ナンパかな?)
と思ったら、
「さっきからチラチラしてるけど見世物じゃないです!」
ってなぜか俺まで怒られた…。

そのまま彼女は一人外に出たけど、男はトイレに行ったと勘違いしたのかスマホいじり始めて、出て行ったのに気付くまで30分以上かかってた。



Somebody’s Watching: An Erotic Voyeuristic Fantasy (English Edition)
Somebody’s Watching