897: 名無しさん@おーぷん 平成31年 03/30(土)17:10:36 ID:CZs.3w.hi
友人と話してて、スクールカウンセラーの話になって思い出した。
今は多分どこの小・中学校(高校も?)にもいるんだろうけど、アラフォーの私の頃は珍しかったと思う。

中学生のある日、自分の学校にもスクールカウンセラーが常駐する事になった。
前々から
「相談室が出来て、話を聞いてくれるカウンセラーが来ます」
と言われていて、私は期待していた。
話を聞いてくれて、秘密をもらすこともなく、アドバイスもくれるという。
先生に話すよりいいのではないかと思った。
私は当時、友達とちょっと喧嘩をしてしまったので
(話を聞いてもらおうかな)
と思っていたが、まだ勇気が出なくて話すことが出来なかった。




スクールカウンセラーが来て一週間後位に、お昼の放送があった。
スクールカウンセラーが自己紹介をして、
「気軽に利用して下さい~」
という感じだった。

「はじめまして、スクールカウンセラーの○です」
「学校の事、勉強の事、お友達の事、体の事、なんでも相談して下さい。聞きます」
「緊急性があると判断したら、他の先生ともお話しますが、言われたくない事などは絶対もらさないので安心して下さい」


おお、ちょっといいかも!と思った矢先…

「この学校に来て一週間後立ちましたが、かなり生徒さんが来てくれました」
「初めて受けた相談は、5人の男の子・女の子のグループでそのうちの一人が別の生徒さんにキツイ事を言ってしまい、『その生徒さんが傷ついてしまった、口を聞いてくれない』というものでした」
「それを心配して4人が着いてきてくれたんですね」
「私は、『そんなお友達がいてあなたは幸せね、その生徒さんには心から謝ればいつか伝わる』と言いました」

相談内容もらしまくり。
しかもこれ、相談した五人もは自分らの事だって分かっただろうし、なんなら「キツイ事言われた別の生徒さん」も自分の事だと気付いたのでは。
さっき「相談内容はもらしません」と言ったばかりなのに、突然相談内容を細かく話しだしてびっくりした。

ガヤガヤしてたのに、一瞬シーンとなった後、
「いや、もらしてるじゃんw」
の声で皆笑いだした。
私は、
(相談してなくて良かった…)
と思い、結局卒業するまで相談室には行かなかった。

今時だったら大問題だよね、これ。



安心してください、はいてますよ。 (PREMIUM PHOTO BOOK)