246: 名無しさん@おーぷん 2018/12/02(日)14:26:05 ID:xja
不仲の親から逃げたくて、大阪で就職活動をしていたときの話。
実家は東北のド田舎で、今は県外(東北)で奨学金を借りて一人暮らししている。

就活しているとき、昼ご飯を食べていたら就活用のスーツに店員がお茶を零してしまった。
店員と店長はこっちが恐縮するくらい謝ってくれて、クリーニング費用を渡されて、電話で親に謝罪の電話をかけようとするくらい(これは止めた)だった。
私は面接前で緊張しているときに、スーツが汚れたことで若干パニックみたいになってしまった。




このときに大阪のおばちゃんが4人くらいハンカチを貸してくれて、隣のファミマでワイシャツが買えることを教えてくれて、最後にアメをくれた。
母親世代くらいの女性に、一気にまくしたてるみたいに優しくされたのがすごく衝撃だった。
母親から、服を汚したときに助けられたことはない。
殴られたことならあるけど。

何が言いたいかまとまらなくなってしまった。
母親世代の女性に優しくされて驚いたことと、大阪のおばちゃんがパワフルで優しかったことが言いたかった。

そのときの面接に受かったので、来年から実家と縁を切って、大阪で暮らす。
根暗でインキャな私だけど、いつか優しいおばちゃんになりたい。


247: 名無しさん@おーぷん 2018/12/02(日)14:35:17 ID:JF0
>>246
その心を忘れなければきっと優しいおばちゃんになれますよ!
新しい生活頑張って!



いつか、きっと [DVD]