307: 名無しさん@おーぷん 2017/01/08(日)23:36:46 ID:???
すごくキレイな黒髪の女の子がいた。
光を帯びるとツヤツヤと輝いて、枝毛の一本もなさそうなサラサラの毛先で、長い髪が揺れる度にシャンプーの甘くて上品な匂いがした。
飲食のバイトだったから仕事中はゴムで縛ってたけど、髪をほどいて帰る時の一瞬がいつも楽しみだった。
(見た目だけで人をこんなに瑞々しい気持ちにさせられる人がいるんだな)
って、同性ながら淡い恋心(レズじゃないけど…)を抱かされた。
内面も優しくて穏やかな人だったから嫌いになる理由なんてなかった。
歳は私と同じぐらいだったけど、幼さ?というか庇護欲を感じさせる人だった。




この密かな楽しみが、新しく入ってきたクソキモ野郎のせいで台無しになってしまった。
貧相な顔面してるくせに必死にDQNぶってる男子大学生。
初日の時点で頭おかしい奴だった。
女性社員に馴れ馴れしく絡んだ後、その女性社員がバイトじゃなくて社員だと知って
「女の人が社員だなんて思わなかった」
とかアホなこと言って顰蹙買ってた。

こいつが
「○○ちゃんの髪キレイだねー」
ってこの子の髪にベタベタ触りやがった。

一瞬のことだったから止める暇もなかった。
クソキモ野郎を振り払って涙目になったこの子に
「ええwww大袈裟すぎwww」
だってさ。
一発殴ってやろうかと思ったわ。
クソキモ野郎をキツめの声で追い払ってヘアフレグランスを出したら
「それより消臭剤と消毒液がいい(笑)」
って返してくれる程度の元気はあったから、まぁ大丈夫だろうなって思ってたけど。

今日バイトに行ったらこの子は茶髪になってた。
「やっぱり黒髪だと傷みが目立つし、変な男も寄ってくるからね」
ってさ。
まぁ茶髪も似合ってたけどさ。
あいつだけは一生許さん。



イヤな虫 キンチョール 450ml