703: 名無しさん@おーぷん 2016/11/29(火)19:18:53 ID:???
黒髪ロング清楚系女子高生が後ろに男子高校生従えて電車に乗ってきた。

よくわからないけどよくあるけどw「だまされないぞ!」と思ったのだが、女子高生は床に落ちてた飴の空き袋(個別のちっちゃいやつね)をさっと拾って自分のポケットに入れた。
男子にうるさく話しかけられつつ適当に素っ気なく受け答えしつつ、どっちもそのことについて触れない。
ああ、つまりこの2人にとってはいつもの事なんだ、と思った。
そしてそれを見た瞬間「なんかごめんなさい」と思ったw

あと、後ろをついて歩いてた男子は彼氏じゃなかった。
まーしつこく話しかけてるんだけどほぼほぼ流されてる。
またその女子の雑な素っ気なさが私のツボだった。
こんないい子逃がすなよ!彼氏になれればいいな!と心の底から祈った。

いいもの見たなあ。
でも大変そうだったw



大変を生きる――日本の災害と文学