笑える修羅場、衝撃体験【お茶請けに】 より
http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1452252732/

96: 名無しさん@おーぷん 2016/01/21(木)01:32:19 ID:3IM
今でもあれは現実だったのだろうかと不安になる話。

もうすぐ3月になろうかという肌寒い時期のことだった。
私は別れた彼氏に会っていた。
貸したものを返してもらって、全て清算するためだった。

「それじゃ」

私をふり、元カノとヨリを戻した彼氏は冷たく素っ気なかった。
踵を返しさっさと帰っていく後ろ姿を見て、
(あーあ、これで私とあの人をつなぐものは何一つ無くなってしまった)
と心底悲しくなった。




うっかりすると道端で大泣きしてしまいそうで、急いで駅に向かった。
涙の滲んだ目に晩冬の風がしみる。
なんとか涙の粒がこぼれる前に駅に着くことが出来た。

改札を抜け、ホームまでの階段を昇る途中、
(失恋した後に涙を拭きながら電車に乗るなんてドラマみたいね)
と自嘲した。

97: 名無しさん@おーぷん 2016/01/21(木)01:33:25 ID:3IM

と、そのとき目の前に●ンコが現れた。

紛うことなき●ンコ。
しかも結構でかい。
階段昇りきったところのど真ん中に。

超びっくりした。

えー?!ウ●コ?ここ駅のホームだよ?私、たった今大失恋したばっかりなのによりによってウ●コなの?もうちょっと失恋の余韻にひたらせてくれても良くない?ってゆーかこのウ●コにリアクションしたら負けな気がする。
よし、スルーしよう。


こんなことをパニクりながら一生懸命考えて、ウ●コなんて見てませんよ的な顔をして電車をひたすら待った。
もうこの時点で失恋はまあまあ悲しかったものの、問題は完全にあのウン●の存在を思考からいかにして追い出すかにすり替わっていた。
涙は完全に乾き切り、二度と流れることは無かった。

お陰様?で全く失恋を引きずることなく、すぐに立ち直れた。
悲劇のヒロイン気取りのバカの脳天を冷やす威力はハンパない。
けれど、副作用として元カレのことを思い出そうとするとウン●が邪魔して顔も思い出せなくなった。
元カレがしたウ●コってわけでもないのに…。


ところで、誰かあの●ンコの経緯を知ってる人はいないのかなぁ。
2007年の2月、JR鶴舞駅のでのことなんだけど。
多分、人間の仕業だと思うんだよね。
スレチでごめんね。



うんこ