834: 名無しさん@おーぷん 2015/11/09(月)10:02:42 ID:dqW
数年前の出来事。

季節は夏、
(ちょっと身体を引き締めなきゃ)
と暇があればとにかく運動と筋トレをしていた。

その日もジョギング後に筋トレして、いい感じで汗だくだったのでシャワーを浴びた…




が、うっかりタオルを持ってくるのを忘れてしまい、
「親はさっき出掛けていないし素っ裸で平気ー」
と歌いながら風呂場から出ると、
玄関の扉に隙間が開いてた(風呂は玄関から直角の位置)
うちの家は結構古く、玄関の扉は真ん中から左右にそれぞれ開くタイプで、鍵も左右とも閉めなければいけない(伝わるかな…)。
親が片方の扉の鍵を閉め忘れたようで、おまけに脱走癖のある飼い猫が扉を開けて逃げたみたい。

その隙間から、宅配便の若いお兄さんとバッチリ目が合った……。

お兄さんは文字にも起こせないほどの叫び声をあげ、すごい速さで去っていった。
時間にして数分も経ってなかったと思う。
しばらく呆然としたあと、後から恥ずかしさが込み上げてきて全身が震えたw
何も手にもつかないし気を紛らわす事も出来ない。
帰ってきた猫には文句言いながら全身ナデナデの刑を執行したけど。


数時間後、宅配便のお兄さんが再び配達しに来て、
親はいないため対応は私。
「あ!あぁあの、さっきは、 先ほどは本当に本当にお嬢さんに申し訳ないことを…」
「いえ…あれはある意味、うちが悪いですから…忘れてください…」
私はまた震えが止まらなくてサインが虫が歩いたような字になるし、お兄さんは耳まで真っ赤にして汗だく。
…本当に気まずかった。

あれは配達のお兄さんにとっても衝撃的な出来事だったと思う。



ごめん! (ジュディーコミックス)