764: 名無しさん@おーぷん 2015/10/22(木)10:02:28 ID:Ayf
俺は花屋の三代目。暇と花を売ってる。
バイトなんか雇うなんて出来ない零細店舗。

中学生の職業体験を受け入れることになった。
女の子が二人割り当てされたがする事ない。
真面目な二人は、掃除なんか頑張ってくれた。
ニコニコ笑顔で接客する姿勢は好感が持てた。
数日のお手伝いだか、花束の作り方を教えたりして売れ残り花をあげたりした。
「好きな人にプレゼントしなよ」
とか囃し立てからかった。




それから、一年後に高校生になってから
「アルバイトをしたい」
と相談しにきたが、給料払える程忙しくもないし諦めてもらうために、早朝の仕入や葬式の納品だったりと華やかな仕事でないこと、水仕事だし手や腕は傷だらけになることを教えた。
二人の女子高校生は
「それでもやりたい」
と言ってきたが、お小遣い程度の給料しか払えないことを理解してもらい、学業に差し支えない程度に働くことになった。
二人とも大学卒業までの7年定休日以外はほぼ毎日交代で店番をやってくれた。
それから、彼女らは同じ時期に
「結婚をする事になった」
と報告。
式に招待をしたいとの事だった。

俺んちみたいな小さい花屋でも結婚式場の出入りはあったので、式場に
「花を添えたい」
と彼女らには内緒でということでお願いした。

色んな花を式場に運んだ。
花粉対策で水洗いしたり飾り付けなどで前日の夜から本気のセッティングをかましてやった。
花の仕入料金は懐が痛かったが、今までの感謝と御祝いで三万本以上飾った。
余りにも多すぎる花はその式場でははじめてとの事で、パンフレットの表紙になる位に凄く喜ばれた。
ちなみに、祝儀は一万しか払えないかった。
それから、二回も同じ事したので開業以来の大赤字を出して小遣いがなくなった。
その代わり、結婚式場の依頼が少し増えた。
結婚式の花嫁には花が良く似合うと思った。
いまだに、二人が店番を手伝ってくれている。
感謝してますよ。



ピアノソロ 華麗なるピアニスト ウエディング ~ありがとう~