今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その8 より
http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1434008877/

859: 名無しさん@おーぷん 2015/08/10(月)11:36:22 ID:btN
幼稚園児の頃、近所の子(全員女)と家の前で遊んでいると男性が寄ってきて
「元気いいなあ。10年後うちにお嫁に来るか」
と言った。
今思えば50代後半~60くらいだったんだろうけど、子供の目にはずいぶんお年寄りに見えた。
仲間の中で一番気の強い子が
「うちらが結婚できる頃はお墓に入ってるんじゃないか」
みたいなことを言った。




そしたら男性がその子を思いっきりグーパン。
殴られた子は文字通り吹っ飛んでいった。

上記のやりとりは後から聞かされた情報で補完されているけど、その子が吹っ飛んでいった光景は今も鮮明に覚えている。
ものすごく怖かった。

幼稚園児を殴ったということでもちろん大騒ぎになったが、男性と男性の母親が
「そっちの子が無礼なのが悪い」
と頑として謝らなかった。
結局殴られた子の親が『逃げるが勝ち』と引っ越してしまい、騒動は終わった。
私は親に
「あそこの家の息子さんとお母さんが話しかけてきたら、すぐ家に入りなさい」
と何度も言い聞かされた。

5年くらいして、その男性の母親が
「うちの子が結婚する」
と近所中に触れ回っていた。
若いお嫁さんだそうで
「選んだ甲斐があった」「うちは地主だから子供の生めない年増はだめ、若いのでないと」
と毎日のように言って回っていた。

半年くらいして、そのお嫁さんが来た。
小学校高学年の私の目にも明らかな、知的障害のある女性だった…。

結局その女性は
「家のことが何もできない」
っていびられて、結婚生活は一年もたなかった。
いつの間にかいなくなっていた。

でも一番衝撃だったのはそのお嫁さん(20か21だった)を
「若いな、いいな!」
って本気で羨ましがっているお父さん達が近所に数人いたことと、その中にうちの父もいたこと。
「肌が違うな!」
ってセリフが子供心に気持ち悪かった。


861: 名無しさん@おーぷん 2015/08/10(月)13:48:50 ID:0mk
>>859
究極にキモイな…

862: 名無しさん@おーぷん 2015/08/10(月)14:06:51 ID:735
>>859
>若いな、いいな!」って本気で羨ましがっているお父さんたち
>その中にうちの父もいたこと
娘の立場からいえば、そういうのだけは聞きたくないわ
その後、お父さんを見る目がいろいろと変わらなかった?

863: 名無しさん@おーぷん 2015/08/10(月)14:10:26 ID:lEO
知的障害があるから大丈夫だろうと思ったんだろうか?
どのくらいのレベルかは分からないが、その女性も不幸だな

その問題の男と(>>859の親父さん含め)周りの男は、非常に気持ち悪いな
若い女だったら誰でもいいのか?


864: 名無しさん@おーぷん 2015/08/10(月)14:36:09 ID:btN
>>862
ちょっと変わった。
お父さん嫌い!みたいな劇的な変化じゃないけど


865: 名無しさん@おーぷん 2015/08/10(月)15:51:37 ID:aNw
>>863
他人様のお嫁さん悪く言うわけにもいかないし、ましてや知的障害について触れるのもまずいよね
正直オレも同じ場所にいたら「若くて羨ましいですね」位でお茶をにごすだろうな

本気で言ってる奴がいたら、内心「頭おかしいんじゃね?」と思いつつ「そうですねー」と愛想笑いしてしまう事なかれ主義の小心者のオレw


867: 名無しさん@おーぷん 2015/08/10(月)18:17:05 ID:IE2
>>865
回線一度切ったのでID変わったかもしれないけど859です。
父たちがその話をしていた時、その男性が目の前にいるわけではななかったので社交辞令やお世辞ではないです。
ちなみにお酒も入ってなかった。
母親たちはいなくて、子供しかいないしどうせわからないだろうから、って感じでしゃべってたんだけど、話しながらニヤニヤしてるのが嫌でしたね。



お墓は、要らない 学研新書